抜け毛と睡眠にはどんな関係がありますか?

OFF

ストレス社会・24時間フル稼働の現代社会では、睡眠時間がまともに取れないのも当たり前かもしれません。

とくに夜勤業務の方などは、生活も睡眠も不規則になりがちです。

睡眠と抜け毛、発毛の関係について考えてみましょう。

■人間の成長ホルモンは睡眠中に分泌される。

人間の成長ホルモンは、人が寝ている間に分泌され全身に行き渡るようになっています。

この成長ホルモンこそ、抜け毛、発毛促進の源であり、睡眠が十分な人は細胞の働きが活発なうえ、毛根・毛根細胞もしっかりしています。

太く黒々とした髪が育つというのはそうした基礎によって成り立つものです。

またこのホルモンは体内部の修復作用ももっています。

抜け毛防止は睡眠時間の確保からとも言えます。

■発毛促進には睡眠の質を高めることが大事。

抜け毛を防止して健康な体に切り替えるための睡眠は、ただ寝ればいいというものではありません。

“睡眠の質を高めること”が重要になります。

成長ホルモンの分泌時間は夜11時~朝の7時くらいまでが活発ですから、基本的には11時までに眠りにつくことが理想です。

医師はこの時間帯を非常に重視しています。

身体の治癒力を高めるために、遅くとも10時には寝るようにと啓蒙しています。

■夜勤などシフト制のある仕事に従事している人は、帰宅後のシャンプーとヘアケアを行って、食事はサラダ系で軽めに済ませましょう。

「シフトで朝帰りだからそんな生活は無理」と諦める必要はありません。

帰宅後にシャンプーとスカルプケアを行って、軽い食事(柑橘系ドレッシング+サラダ、五分粥など)をし、食後1時間ほどしてからベッドインしましょう。ヘアケアの効果も睡眠中に高まりますから、帰宅後の洗髪・ケアは大事にしてください。

◎Check!⇒【URL:http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/163583

This post was written by , posted on 4月 18, 2016 月曜日 at 10:00 am

Comments are currently closed.